鯖さび庵
お囃子系ダンスバンド「鯖さび」公式Blogダョ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

うちわ太鼓の老婆

黒澤です。長らく更新をサボっていました。すいません。今日は年末ということで、ちょっとお正月の思い出話をしようとおもいます。

僕が幼いころ住んでいた東京の郊外の街には、お正月になると、うちわ太鼓をたたいて門付して歩くおばあさんがやってきました。おばあさんは家の玄関の前までくると、念仏を唱えだします。家の住民は不気味がって、さっさと消えて欲しいと言わんばかりに、おばあさんに少しばかりのお金を与えると、おばあさんは再びうちわ太鼓を鳴らしながら、次の家へと向かうのです。

僕の家庭はクリスチャンの家庭だったので、そういう日本土着の民間信仰には非常に冷淡な家庭でした。当然、おばあさんがやってきても、お金をあげることはありません。だから、おばあさんの念仏はいつまでも続くのですが、さすがのおばあさんもあきらめて、我が家の前を去っていきました。

おばあさんが去った後も、日が暮れるまで、おばあさんが叩くうちわ太鼓の音がどこからともなく聞こえてきます。夕闇にまぎれて…。それは気のせいか、悲しくも、どこか恐ろしげな音だったような気がします。その夜、おばあさんにお金をあげなかったことが気にかかり、いつになっても眠れません。耳鳴りのように、おばあさんのうちわ太鼓の音が僕の耳にこびりついて離れませんでした。

毎年のように、正月になると出てきたおばあさんですが、いつの間にかに見なくなりました。もしかすると、亡くなったのでしょうか。学生になって、日本の芸能に興味を持つようになり、いろいろと調べていたら、かつて日本にはおばあさんのような放浪芸人がたくさんいたことがわかりました。僕はそういった日本の原風景の最後の断片に触れることができたのだと思うと、あのおばあさんが懐かしくてしかたがありません。

その放浪芸人たちが育んできたお正月の祝福芸を浅草雑芸団がやります。演目は大黒舞。僕は三味線でお手伝いします。演芸会の演目のひとつとしてやりますので、ほかにもいろんな珍芸、雑芸が楽しめますよ。また、演芸会が始まる前に、神社周辺で祝福芸「春駒」の門付をします。こちらは、僕は関わりませんが興味のある方はご覧下さい。

詳細は以下の通り。

―――――――――――――――――――――――
時間:1月3日午後2時半~開演
場所:三囲神社(向島)
最寄駅:本所吾妻橋駅、浅草駅

会場までの地図はこちらをクリック!
―――――――――――――――――――――――

皆様のご来場をお待ちしております。
スポンサーサイト
【2007/12/30 17:22】 | くろさわの呟き | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

LIVE information

★出張演奏承ります!
 お問い合わせはコチラ
※スパム対策のため@を半角に変えて送信願います

「鯖さび」たぁ何でぇ?

sabasabi

Author:sabasabi
■プロフィール
三味線奏者・黒澤真を中心に結成された元祖「お囃子系ダンスバンド」。三味線、ちんどん、エレキギター等が奏でるめくるめくごった煮ワールド!! ワサビがピリッ効いたシメ鯖をイメージして、屋号は「鯖さび(sabasabi)」。さらにフランス語「サ・ヴァ、サ・ヴィアン」もかけて、さまざまなジャンルを“行ったり来たり”するハチャメチャに楽しいミクスチャー音楽を目指します!

【鯖さび情報館】
■動画
ライブ動画
■こんな曲を演奏してます!
レパートリー一覧
■こんな所で演奏しました!
演奏の記録
■佐藤のブログ
viva la vida

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。