鯖さび庵
お囃子系ダンスバンド「鯖さび」公式Blogダョ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

こまどり姉妹オン・ステージ!

今日は神楽坂のシアターイワトへこまどり姉妹のショーをみにいってきました。

いやぁ、ハチャメチャに楽しかった! 映画「こまどり姉妹がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!」の影響なのだろう、会場に入るとリアルタイムでこまどり姉妹を体験していないはずの30代、40代らしき世代が多い。もちろん、なかには年配の方もチラホラいる。

開演までの間、大熊ワタルさんのユニット「瓢箪舎カルテット」がBGМのように演奏をはじめた。クラリネット、ちんどん、ギター、ベースの編成で、こまどり姉妹のナンバーを次々と演奏。「浅草姉妹」「三味線姉妹」「津軽恋しや」「ソーラン渡り鳥」「りんごっ子三味線」「帯広の街よさようなら」「浮草三味線」「涙のラーメン」「こんな女になりました」などをやった後、最後は大好きな「三味線渡り鳥」をゴキゲンな演奏で聴かせてくれた。また、こぐれみわぞうさんがゴロスやシンバルを横に置いてちんどんを叩いていたのがなかなか面白かった。ちんどんって、工夫次第ではいろいろできるんだなぁ。

いよいよ開演となって、寒空はだかさんがスタンダップコメディで会場を笑いでわかせた後、ついにこまどり姉妹が登場。コテコテの厚化粧に振袖姿で出てきて、名曲「ソーラン渡り鳥」を歌うとドッとばかりに拍手がわきあがる。トークもどこかすっトボケているのが可笑しくて、会場は爆笑の渦と化していた。なかなかチャーミングなおばあちゃん二人組なのだ。途中でお姉さんの栄子さんが三味線をかかえてきた。三の糸をコブシをころがすように薬指とひと指し指でハジく独特な奏法が印象的だった。あれは津軽三味線の奏法なのだろうか。旅芸人っぽいクセのある音が味わい深かった。

愉快痛快だったなぁ。ただ、個人的には「三味線渡り鳥」を歌ってくれなかったのがザンネンだったけどね。この日は「ソーラン渡り鳥」「浅草姉妹」「三味線姉妹」「未練ごころ」「九段の母」「湯島の白梅」「岸壁の母」「浪花節だよ人生は」を披露(1曲だけ知らない曲があった)。アンコールにも応えてくれて、再び「ソーラン渡り鳥」で至福のひと時を終えたのでした。

よかったら、こまどり姉妹の動画でもどうぞ。

■ソーラン渡り鳥


■「こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」予告編




スポンサーサイト
【2010/11/24 00:06】 | くろさわの呟き | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<鯖さびカバー曲 | home/a> | 八丈島の音楽>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

LIVE information

★出張演奏承ります!
 お問い合わせはコチラ
※スパム対策のため@を半角に変えて送信願います

「鯖さび」たぁ何でぇ?

sabasabi

Author:sabasabi
■プロフィール
三味線奏者・黒澤真を中心に結成された元祖「お囃子系ダンスバンド」。三味線、ちんどん、エレキギター等が奏でるめくるめくごった煮ワールド!! ワサビがピリッ効いたシメ鯖をイメージして、屋号は「鯖さび(sabasabi)」。さらにフランス語「サ・ヴァ、サ・ヴィアン」もかけて、さまざまなジャンルを“行ったり来たり”するハチャメチャに楽しいミクスチャー音楽を目指します!

【鯖さび情報館】
■動画
ライブ動画
■こんな曲を演奏してます!
レパートリー一覧
■こんな所で演奏しました!
演奏の記録
■佐藤のブログ
viva la vida

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。